DeutschItalianoEnglish日本語
マメデザイン−アクア・トップページへ ダウンロード | メールマガジン | お問い合わせ |
コンセプト 営業 特約店 エコワーク ブログ ショッピング
ANDOR

 

【 setting method 】
マメオーバーフロー設置方法


 ※画像内の気になる部分をクリック
 
 
 マメオーバーフローはお手持ちの水槽に穴をあけることなく
簡単にオーバーフロー化することができます。


【 マメオーバーフロー化に最低限の必要物 】

@ マメオーバーフローM
A ホースφ23mm ※内径
B ホースφ12mm ※内径
C マメホース変換ジョイント ※16−12mm変換
D ポンプ ※揚げ高さによる
E キャビネット(水槽台)
F サンプ水槽 ※キャビネット内水槽
※マメスイッチを付ける事をお薦めします


【 あると便利なもの 】

@ マメスイッチ ※サイフォン式のリスク軽減
A サイレンスカバー ※水流音をシャットアウト
B マメフロート ※給餌用ガラス製の浮き輪
C マメダウンボックス ※着水音軽減、および曝気効果(発売予定)


【 推奨ポンプ 】
※流量調節コックが付いていない場合は
別途付けてください

揚げ高さ110cm以内 毎分/50L
※60〜90cm水槽
揚げ高さ110cm以内 毎分/30-50L
※30〜60cm水槽
揚げ高さ 95cm以内 毎分/30L-
※  〜30cm水槽


【 ワンポイントアドバイス@ 】
着水音の軽減

メイン水槽からサンプ水槽へ水を落とす際に、ホースφ23mm内の
空気をまき込み、泡がサンプ内に出る様な場合は、上記画像にある
『 Vの字カット 』の様にハサミにて切り込み(ホース上面に空気が逃げる様に)
を入れて頂くと軽減されます。 
※『 Vの字カット 』はサンプ水槽内になる様にしてください。

その他、ホースφ23mmの出口にウールマットを敷くなどすれば
着水音の軽減のほか、物理ろ過も同時に行えます。
※『 Vの字カット 』は必要ありません。



【 ワンポイントアドバイスA 】
サンプ水槽を安く上げる

ガラス水槽の中に一回り小さいガラス水槽を入れると
蒸発しても水位が一定の箇所と変動する箇所の2箇所ができます。
(水位が一定の箇所にマメスキマーを設置してください)
通常3〜4万円してしまうサンプですが4〜5千円でできてしまいます。
※小さい方の水槽は水が減ると浮いてきますのでバスコークで
しっかりと接着させる必要があります。


水位が一定の所にはマメスキマー3(超小型プロテインスキマー)を、
変動する箇所には自動給水に便利なマメスイッチを取り付けられます。
※水槽サイズによってはマメスキマー3取付部を若干改造する必要有り


 


 


 


ページ内単語などにカーソルをあてると説明文が出ます

 



 


ブラウザメニューまたは前のページに戻る でお戻りください

 


マメデザイン-アクア・トップページへ

 


会社概要    サポート    Q&A    リンク    送料    メディア    訪問販売法    プライバシーポリシー    サイトマップ    etc    ホーム

 


MameDesign Co.,Ltd.

 


 


 


マメオーバーフロー サイレンスカバー マメスイッチ 透明ホースφ23mm 透明ホースφ12mm 透明ホースφ23mm マメホース変換ジョイント16−12mm 推奨ポンプRio+